株主優待と米国株でゆっくりお金持ちを目指す

最終的には資産運用だけで生きていきたい人

国民年金保険料追納の案内は無視

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

今日も楽天TVで楽天イーグルスのキャンプ中継を見ながら、ダラダラと生産性のない一日を過ごしていました。

 

暇だったので楽天イーグルスキャンプを垂れ流しながら家の中の整理も行っていたのですが、先月こんなものが届いていたのを思い出しました。

 

f:id:fxkabu:20200208184133j:plain

国民年金保険料追納のご案内です!

 

日本年金機構ホームページには以下の記載があります。

 

『日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の保険料が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。』

 

そして免除等の承認を受けた期間の国民年金保険料を後から納付する制度というものもあり、これも日本年金機構ホームページに記載があります。

 

『老齢基礎年金の年金額を計算するときに、保険料の免除や猶予の承認を受けた期間がある場合は、保険料を全額納付した場合と比べて年金額が低額となります。

しかし、免除等の承認を受けた期間の保険料については、後から納付(追納)することにより、老齢基礎年金の額を増やすことができます。また、社会保険料控除により、所得税・住民税が軽減されます。ぜひ、追納を行っていただくことをお勧めします。』

 

 

私が学生時代のときの実家は貧乏で奨学金を借りなければ進学できない家庭環境でした。そんな状態だったので当然貯金もありません。毎月国民年金保険料を納付することは到底できませんでしたので、申請して学生納付特例制度を利用していました。

 

あれから約10年ですか……。

就活では運悪くリーマンショック不況と重なって中々内定は貰えず、何とか就職できても同時期に奨学金返済もスタートして色々苦労したものです。

まあそんな時代があったからこそ、お金について勉強して一般の人よりは多少マシかなと思えるくらいのマネーリテラシーを身につけることができました。

(その割にはFXとか個人年金保険とか効率悪いことやっているじゃねーかというツッコミはなしでお願いします)

 

今では金融資産が時価総額で1500万円以上になり、追納案内に書かれた金額をポンと出せるくらいの余裕はできましたが……、この案内は無視して追納しないことにしました。

 

色々調べてみると、追納したときのメリット、未納によるデメリット等々数値付きの解説が出てきて、追納しないとマズイかなという気持ちにもなりましたが、それはあくまでも現行制度が未来永劫維持されていればの話です。

正直言うと私は今の日本を一切信用していません!

今後日本の人口は減り続け、少子高齢社会が加速するのは明らかでしょう。日本政府の政策を見てもこの状況を改善する気はないみたいですし、そんな中で年金受給額の減少、受給年齢の引き上げは高い確率で起こると想像しています。

まあ仮に年金制度が奇跡的に維持されていたとしてもシミュレーションでの金額差は何とかなるレベル。それだったら追納分を今から運用して増やした方がマシなんじゃないかと思っています。

 

年金保険料を自ら進んで払いたくなるような社会になってくれれば安心なのですが……。

 

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ