株主優待と米国株でゆっくりお金持ちを目指す

最終的には資産運用だけで生きていきたい人

2019年の貸株金利と配当金相当額公開

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ

人生初の確定申告日が近づいているため、2019年の取引を振り返っている楽天ファン投資家です。

 

色々調べてみたところ、貸株金利や配当金相当額も雑所得(人によっては事業所得?)として申告しなければならないみたいですね。ということで私も2019年の貸株金利と配当金相当額を調べてみることにしました。そして、せっかくなので昨日の特定口座年間取引報告書に続いて貸株金利と配当金相当額についても公開していきたいと思います!

 

それではまず楽天証券から。

 

f:id:fxkabu:20200121201802p:plain

 

貸株金利と配当金相当額を合わせて18,113円でした。

楽天証券では『年間損益計算・確定申告サポート』のページが存在し、確定申告時には転記するだけで良いみたいです。私みたいな確定申告初心者にとって非常に有難いサービスですね!

 

そしてGMOクリック証券。

 

f:id:fxkabu:20200121202552p:plain

 

GMOクリック証券では貸株金利だけでした。その額は何とピッタリ3,000円です。

楽天証券と合わせると21,113円の収入で、これを申告することになります。

ただこちらはFXで用いる申告分離課税ではなく総合課税だとか。仮想通貨と同じ扱いになるみたいです。つまり稼げば稼ぐほど累進課税で税率は不利になるってことでしょうか?ド素人すぎてイマイチよく分かっていません。

まあまだ大した額を稼いでいるわけではないので今のところは心配はいらないでしょう。恐らく。

 

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へにほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ